ポーチをショルダーバッグに(リメイク)

この間、とあるお店屋さんで洋服を買ったらこんなおまけを戴きました。

セカンド・・・ポーチ・・・?

スヌーピーか~、でも

いらないな。

と、思っていたのですが、子供が
使いたい!どうやって使うかわからない(笑)けど使いたい!!!
と言いだしたので、何とか使えるようリメイクすることにしました。

 

と言うことで
【ショルダーバッグ制作(リメイク)工程】
今回は既存のポーチに肩にかける紐とマチ(幅)を追加してショルダーバッグにします。
【材料】
 既製品などのポーチ
 紐 長さ150㎜×幅25㎜:1本
 金具 角かん×2個 移動かん×1個(下部写真参照)

  肩にかける紐が調整出来るように移動かん(写真右)を使用します。
 左二つが角かんです。かんは紐の幅に合わせたものを使用してください。
 (今回角かんは家にあったものを使用したので紐の幅と合っていません・・・)

①紐を切る
 3㎝の長さの紐を2つ切り分ける(ポーチと金具を繋げるため使用)

  紐を切った端はほつれてくる場合があります。今回はアクリル製の紐を使用した
  ので端をライターなどの火であぶって溶かしてほつれを止めています。
  (火傷及び火事に注意!!!)

②紐部分に金具を付ける
 紐に金具を通してミシンで縫う
  まず角かんを通し、片方は移動かんの中の棒に通して縫い付けます。
  (写真のマチ針の部分)

  反対側も角かんを通して縫い付けます。

  マチ針のところをミシンで縫っていきます。

  わかりやすく図で表すとこうなります。

  今回紐を「通し図その2」で通していますが、
  「通し図その1」の方が紐の端が隠れるのでそちらをお勧めします。

  ちなみに、移動かん部分の拡大写真です。

  ほんとうは、右の市販の紐の様に金具に近いところで縫い付けたいのですが、
  家庭用ミシンでは左の様に金具から離れたところに縫い付けることになると
  思います。
  でも、多少金具と離れても特に問題ないです。

③マチをつくる
 底の折り目から垂直に、角が三角になるように縫う

 

  縫った長さがマチ(底の幅)になります。

 

④紐取付
 本体(ポーチ)に紐を付ける
  写真のように、3cmに切った紐を使って②の紐の角かんをポーチに付けます。

  ここはミシンが入らないので手で縫い付けます。

⑤完成
  出来上がりはこんな感じに。

  裏はこんな感じに仕上がりました。

  肩にかけるとこんな感じ、とりあえず子供は喜んでおります。

  これなら使い方もわかるでしょう。(笑)

 

 

ぽちっ!φ(´∀`)
↓↓↓ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です