カルトナージュの小物入れ その2

我が家で日々大量に飲まれている物・・・
それは、『牛乳』

そして、大量に牛乳を飲んで出るものと言えば、
 - 生理現象ではなく - (●´ω`●)
牛乳 ↓ パック

この牛乳パック、開いてリサイクル、開いてリサイクル、開いてリサイ・・・
と日々繰り返しています。(*_*;

でもこの丈夫で軽い紙素材、以前カルトナージュの小物入れでも牛乳パックを使った小物を紹介しましたが、またカルトナージュで何か作ろうと思い「ふた付き小物入れ」を作ることにしました。

牛乳パックを使ったカルトナージュ その2
【ふた付き小物入れ】 

材料(ふた付き7cm正方形)
・牛乳パック・・・1本分
・好きな布・・・・2枚
(今回は16cm×16cmの無地の布と15cm×31cmの柄布を使用)
・お好みのレースやリボン・・・30cm程度
・フェルト・・・・20cm×20cmを1枚
・マジックテープ・・・1~2cm程度
・両面テープ・・・適量
・お好みの飾り(ボタンやチャームなど)・・・適量

作り方
①牛乳パック切断
 今回は1辺が7cmの正方形にします。
 牛乳パックを図の様に切ります。

切ったものがこちら。

②布(下部分)をつける
 切ったパックの下部分に無地の布を貼り付けていきます。

 側面4面のうち、先ずは2面に布を両面テープで貼り付けます。
 写真の様に1面に両面テープを貼って・・・

 
 反対の面も同じように布を貼り付けます。

 これで牛乳パックの2面に布を貼れました。
 次に、残りの2面に布を貼り付けるのですが、布を織り込みながら貼るので
 先にいらない角を切り落としておきます。

 先に角を切り落としておいたので、中に布が織り込みやすくなりました。


 仕上がりはこんな感じです。

③布(上部分)をつける
 次に柄のある布を上部分に貼り付けていきます。
 ふた部分の周りの布は、1cm程間を空けて切り込みを入れておきます。

 両面テープで貼り付けていきます。

 貼り終りのつなぎ目は布を折り返して付けます。

 周りの余った布は中に折り返して貼り付けます。
 (後で中にフェルトを貼るので適当で大丈夫です)

④フェルトと留め部をつける
 中にフェルトを貼り付けます。
 フェルトは牛乳パックの大きさに合わせて切ります。

 ふた部分にフェルトをつける時、留め部となる布を牛乳パックとフェルトの間に挟み込みます。

 留め部となる布は両面テープで貼り付けます。

 箱のふたが開閉しやすいように、留め部となる布と本体にマジックテープを貼り付けます。


 マジックテープは両面テープで貼り付けてもよいですが、
 外れるのが心配な方は縫い付けてください。

 こんな感じで中にフェルトを貼り付けることが出来ました。

⑤レースをつける
 無地布と柄布の境目を隠すためにレースをつけます。
 今回は裏に両面テープの付いた100均のレースを使いました。
 裏から貼っていきます。


 裏は少し重なるように貼り付けます。

⑥飾りつけ
 このままだと少し寂しいので、留め部の布にボタン、本体の正面右側に鳥のチャームを付けました。

 布やレースに合わせてお好みで飾りつけして下さい。

⑦完成
 出来上がりがこちらになります。
  

 

 

ぽちっ!φ(´∀`)
↓↓↓ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です